東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > プログラミング授業

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2020.08.03 お知らせ

プログラミング授業

初めまして!
プログラミング授業を担当しております、斉藤と申します。

生徒やスタッフの方たちからは、何故か私のTwitterアカウント名である「さいけん(@saikeen_maeniii)」さんと呼ばれており、もはや自分の名前なのではないかと錯覚しそうになっております。

私自身、普段は個人事業主のWebエンジニアという職業に就いておりまして、金融、イベント、不動産といった各業界のシステム設計、開発業務などに携わっています。

きっかけとしては、当会スタッフの加藤君と以前にご縁があり、今年の4月から隔週で当会のプログラミング授業を担当させていただくことになりました。

それでは、私がプログラミング授業を担当するようになった4月から今までやってきた事をご紹介したいと思います!

2020年4月〜6月
Scratch(https://scratch.mit.edu/)という、画面上のブロックを組み立てるようにして、ゲームもしくはアニメーションをプログラムすることができる環境あるいはプログラミング言語を利用した授業に取り組んでいました。

生徒たちからも色んなアイデアが出てきて、教えている私としても気づきが多かったです!

ゲーム開発は、やはり楽しいですね。

2020年7月〜現在
7月に入ってから現在までは、React(https://ja.reactjs.org/)を使ったWEBプログラミングに挑戦してみています。

Reactというのは、JavaScriptというプログラミング言語のライブラリになります。

私が現在参画している開発案件でも使われていたりと、WEB業界の多くのサービスに採用されている非常にホットな技術です。


前回のscratchを使った授業にて、生徒のポテンシャルに驚かされました!

今回は、そのような発見もふまえて、一気にレベルを一段、いや三段くらい上げた授業内容になっております。

それでも何より嬉しいなと感じるのは、「難しい」、「何を言っているのか分からない」と愚痴をこぼしながらも、生徒たちが一生懸命授業に取り組んでくれていることです!

いつも授業に参加してくれている生徒が固定化され始め、顔馴染みのメンバーで時にはふざけて、時には黙々と真剣に授業を行えることが、ここ最近の非常に楽しい一時ですね。

以上、プログラミング授業の様子と授業内容のご紹介でした!

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制