東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > 公立高入試「一発勝負」いつまで? 置き去りの改革

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2022.11.17 不登校からの立ち直り

公立高入試「一発勝負」いつまで? 置き去りの改革

皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会理事長の竹村です。

公立高校の一発勝負、1校しか受けられないという不公平感のある入試についてブログを書いていきます!

元記事の日経新聞はこちら

都立高校の一般入試は前期と後期がある。全体の約8割が前期試験で決定。

受けられるのは1人1校で、チャンスは一回しかありません。

不本意入学による不登校


・中学受験は親の受験とよく言われています。よくわからないまま受験させられて行きたい中学校ではなかった。

・都立高校は一校しか受けられない。どうしても私立ではなく都立高校にいきたかったので志望校を落として受験した。

本当は、行きたい高校は別の高校だったのでいざ登校すると行けなくなった。

上記のふたつのように、本来行きたい学校ではない学校に進学することを

不本意入学



といいます。不登校の原因は、いじめや、学校、家庭などが取り上げられがちですが不本意入学からのやる気低下もあります。

受験で人生が狂わされる



受験日当日、体調不良で上手く力をはっきりできなくて不本意入学せざるおえなかった相談は多々あります。

都立高校の一発受験の古い体制がよくないですよね。

本番に向けて整えていないのが悪いと言われればそうなのですが、社会情勢が日々変わっていく中で置き去りになっているこの入試仕組みは改革すべきでしょう。

学校一つで子どもの人生は大きく左右されますので、多様的に対応してほしいですね。

相談する

不登校・引きこもりについてはもちろん、中退・留年・転学・編入・学業不振・非行・発達障害など様々なお悩みの方からのご相談をいただいています。予約フォームの入力をしていただくと面談のご予約ができます。

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習等支援施設からのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制