東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > 親元を離れて暮らすこと

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2022.09.20 不登校からの立ち直り

親元を離れて暮らすこと

親元を離れることでつかめる距離感



高卒支援会スタッフの竹本です。
少し私の話をさせていただきます。
私は中学時代、人と話すことが苦手で、なかなか同級生と良好な関係を築くことができませんでした。
また、反抗期もあってか親と仲が良くなく、よくケンカを繰り返していました。

これは良くないと思った両親は私に寮のある高校に進学することを勧めてくれ、
私も寮生活に興味があった為、受験した結果合格し、高校の3年間は寮生活を送ることとなりました。

家にいるうちは自分がやらなくても親がやってくれるだろうという甘えがどこかにありましたが、
寮生活ではそうはいきません。
身の回りのことを自分でするのは当然ですが、それ以上に人間関係も学ばされました。
学校では部活の先輩に対して気を使っていれば良いですが、寮の中では部活動以外の先輩方もいるので、
自分の部屋以外はあまり気が休まらないことも多くありました。

そんな中でも、同級生とは食事を一緒に取ったり、わからない勉強を教えあったりしているうちに仲が良くなっていき
話すことが苦手だった私も自然と友達ができていきました。
また、大人数で一緒に生活しているため、協調性を身に着けることができる良い機会となりました。

問題だった親子関係ですが、適度な距離感が生まれた結果、お互いに冷静に対応できるようになり、接し方など俯瞰してみることができ、
ケンカすることも少なくなりました。

人それぞれ合う合わないはあるかと思いますが、親元を離れることは、自立心を養い、親子の関係も良好になる可能性が大いにあります。
親子関係にお悩みの方、お子様が身の回りのことができずに困っている方などは一度お子様に親元を離れて生活してもらうことをお勧めします。

お問い合わせはこちら

スタッフ募集はこちら  寄付はこちら  渋谷区フォロースタッフ(訪問員)世田谷区要保護児童協議会構成員として相談受け付け中です! 新宿 池袋 横浜 水道橋 にて不登校、引きこもり、転学・編入学、通信制サポート校、フリースクールの相談を承っております!お気軽にお問い合わせください。 不登校,引きこもり支援の日常、よくある相談にお答えするNPO法人高卒支援会の公式youtubeチャンネル登録、高評価のほう宜しくお願いします! noteにて、不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します! #不登校 #引きこもり #発達障害 #不登校本 #通信制高校 #登校渋り #起立性調節障害 #フリースクール #不登校サポート #不登校解決 #学校行きたくない

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習等支援施設からのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制