東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

在校生向けコンテンツ

ホーム在校生向けコンテンツ > 令和元年度 スクーリング休講基準について
2019.07.10

令和元年度 スクーリング休講基準について

台風による大雨・洪水・暴風警報の発令、西日本豪雨災害、北海道での地震による被害などスクーリングに影響を及ぼす事案が多数発生しております。天候に関しては判断の難しいケースがあるかと思いますが、安全を最優先してご判断ください。



★休講基準


【前日まで】

気象警報等(大雨・暴風・大雪警報)により、スクーリング当日が開講できない状況になると予想される場合は、前日の16時までに中止の判断をします。


【当日】

スクーリング会場地域に当日午前7時の段階で大雨、暴風、大雪警報が発令されていた場合は、休講となります。

*スクーリング会場地域に警報の発令がなく、開講されている場合でも、自宅周辺地域の天候状況や交通機関の乱れなどの場合は、無理をせず欠席してください。
後日、対応策を指示いたします。


【当日以降】

翌日以降も、午前7時の段階での警報を基準といたしますが、警報の有無及び被害状況により開講・休講の判断をいたします。



★告知方法


※鹿島朝日高等学校ホームページ(トップページ)の「鹿島朝日からのお知らせ」または「在校生へのお知らせ」に悪天候による中止情報を掲載します。

前日16時、当日7時以降~状況により更新いたします。

前へ戻る