東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > 家庭訪問の支援で不登校・引きこもりを解決

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2022.07.07 不登校からの立ち直り

家庭訪問の支援で不登校・引きこもりを解決

不登校・引きこもりの子どもは学校関係者や友人と顔を合わせたがらず、家に引きこもりの状態になります。

そのような状態の子どもと子どもを支える家族を孤立にさせず復帰させるための方法として家庭訪問による訪問支援をしています。

まず初期段階として、登校しぶりが見られたら学校の担任の先生が家に連絡、その後家庭訪問をしてくれる先生もいるかと思います。

担任の先生が家庭訪問をし、顔を合わせられるパターンと顔を合わせられないパターンに分かれます。

顔を合わせられるパターンとしては、体調面や勉強面で学校を休んでしまった場合が多いです。「明日から登校します」とその場では先生に言いますが、翌朝顔が真っ青になる。トイレにこもってしまったりと体調面にも影響が出たりして登校できなくなります。

また、顔を合わせられないパターンとして、友人関係のトラブルや学校への苦手意識などが原因として挙がります。時にそういった場合、先生が自宅に来ると逃げ出したりパニックになるケースもありました。

こうなってしまうと学校関係者が家に来たり連絡をするのは逆効果になってしまう恐れがあります。

不登校・引きこもりの状況や原因・きっかけは様々です。

保護者から状況を伺い細かい分析をしてから対応を考えます。

チームで支援

家庭に伺う訪問支援ではまず本人と相性が良いであろうスタッフのセレクトから始まります。その後、家庭に伺い生活環境や本人の状況をチェックして不登校・引きこもりの子どもとの交流をはかります。

過去の例では半年間一切言葉を発さない子や鍵を閉めていてドア越しに話しかけるといった子も訪問支援してきました。

担当者を中心として毎週の職員会議で今後の対応を話し合ったり、状況に応じて、他のスタッフや大学生インターン、高校生インターンと同席もしくは派遣します。

大学生インターンの前線で頑張っているのは元卒業生の小柴君です!

写真は千葉にいる中学2年生の子どもの支援をしていた時の様子です。

人と会うのが怖くて顔を伏せコミュニケーションが取れないだけではなく窓から逃げ出していましたが小柴君の粘り強い訪問のおかげもあり現在は毎日教室に登校できるようになりました。

お兄さんとしてのポジションで心をひらいてくれました。

また、今回紹介に出した高校生インターンは元々訪問支援をきっかけに出たので、支援される側から支援する側になり子どもの気持ちが一番わかってくれる存在でもあります。

大学生インターンも高校生インターンも非常に優秀で心優しい子たちばかりなので「大人の話を聞いてくれない」という場合は適役です。

「うちの子、引きこもりかしら?」とお悩みの方は不登校・引きこもりAI診断をしてみてください!

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習等支援施設からのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制