東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア池袋サンシャインキャンパスお知らせ > 自由に好きなだけやってみたいことがあるなら、今かもしれません

首都圏エリア

池袋サンシャインキャンパス(東京

鹿島学園の最初の学習センター/since 2004

2024.02.06

自由に好きなだけやってみたいことがあるなら、今かもしれません








やりたいことがある人にとって、全日制高校への進学が不自由な足枷(あしかせ)になることがあります。


確かに、難関大学受験をするなら偏差値が悪くても60以上の全日制高校が有利だし、


高体連が主催する全国大会レベルのスポーツをするなら全寮制のスポーツ名門高校が強い。


この2つの分野については、通信制にもわりと実績があるものの、


率でいえば名門の全日制高校に圧倒的な優位があります。


通信制でも一部の生徒で実績ある生徒もいますが、その数、比率では全日制高校には遠く及びません。


また、就職については全日制高校商業科・工業科で無遅刻無欠席の生徒の就職の有利さも通信は適いません。


この3つの分野、難関大学受験、全国大会競技、優良企業就職、を目指すなら、


全日制高校の中で実績の高い高校へ進学するのが順当といえます。


一方、通信制高校生に有利なことは、


芸能などの表現活動、将棋などプロフェッショナル、美容・ファッションをはじめ、サービスや販売の分野、中小企業への就職、マイナー競技、中堅大学の総合選抜入試、などがあります。


プロ意識を育むのは通信制が強いといえるかもしれません。


ざっくり言えば、学力・メジャースポーツで勝負するなら名門全日制高校が有利、


プロフェッショナルの仕事で勝負するなら通信制が有利だと棲み分けができます。


もちろん、ポテンシャル(潜在能力)を含めて個々人の特徴は多様ではありますが、


ざっくり、そういう方向に分かれることになると思うのです。


少なくとも、通信制は全日制を落ちこぼれた受け皿では決してない。


そのことは、通信を選ぶ高校生が強く意識しておくべきことです。


どこにでもある地元の子どもを集めただけの普通の全日制高校で何の優位性もない3年間を過ごすくらいなら、


通信制で伸ばせる才能もあるのではないか、という理解も一般的になってきました。




シティーキャンパスは、通信を選んだ人が自分の決断を誇りに思って欲しいと考えています。


自由な環境をうまく生かして、


自分にしかできない道を切り拓くことが、最高の高校生活であると思うのです。


全日制高校にはあまり期待できないのではないか、そう感じている中高生の入学相談をお待ちしています。



出願書類の請求はコチラ
入学相談はコチラ
ブログ池袋サンシャインキャンパス
ブログ原宿表参道シティーキャンパス

【2024年10月で20周年】
ムリなくラクに卒業できる学習支援施設
池袋サンシャインキャンパス
原宿表参道シティーキャンパス

090-2764-1200(入学担当直通・崎山)
メール問合せ:info@tuushinsei.com
03-6914-2057:代表電話

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

在校生・卒業生の声もっと見る

元気が出る学習等支援施設・ブログもっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
ネット指導制