東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア通信制シティーキャンパス 池袋サンシャインキャンパスブログ > 「受け皿」と聞くと頭の中のゴングが鳴ります

首都圏エリア

通信制シティーキャンパス 池袋サンシャインキャンパス(東京

鹿島学園の最初の学習センター/since 2004

2021.02.02 今日の問題

「受け皿」と聞くと頭の中のゴングが鳴ります

            イラスト・池田マキ(シティーキャンパスOG)








「通信制は全日制の受け皿になっている」


この言い方、どう思います?


私は耐えられません。


受け皿、なんて言い方を聞くと頭の中でゴングが鳴っちゃいます。


そして、BGM(ロッキーのテーマ)が流れはじめます。


戦闘モード。


「通信は全日の受け皿ではありません」


「通信は働きながら勉強する高校生のためにできた制度です」


「がんばっている通信の高校生を、全日と比較してはいけませんね」


だんだんヒートアップします。


「そもそも、え、受け皿とはなんてこと言うんだい、え?」


「受け皿ってのは、お茶から落ちこぼれた雫を受けるあの皿のことだろ?」


「一生懸命に働きながら勉強している通信の生徒はこぼれたお茶か?」


「自分が何いってるかわかってるか、こら」


「取り消せこのjlbふ;ぁおtが@いgさおjだsぽjgdさ@・・・」


(自粛)


(咳払いで冷静さをとり戻しつつ)



もちろん、実際に口に出す言葉は、努めて柔らか~く、控えめ~に言うのですが、


頭の中は「なんだこのklfh@gれrhkl;てhおぁdklg@」状態。


いや、失礼しました。


自粛します。


ただ、通信の生徒を貶(おとし)めることを言うやつは、


たとえ衆議院議員だろうとハリウッドスターだろうと単なる馬〇でも、


絶対に許さないぞと場外乱闘に持ち込もうとするも、


そういえばここ最近、ゴングもロッキーのテーマも聞いてないなあ、と冷静を取り戻す。


世の中の認識が変わってきた、ということかしら?


ぜひ、そうあって欲しいものです。


あ、試合終了のゴングはとっくに鳴っていましたか。


ちょと暴走しました。


ごめんなさいでした。













2021年2月2日(火)

鹿島学園・鹿島山北高等学校連携施設

池袋サンシャインキャンパス

原宿表参道シティーキャンパス

渋谷駅東口シティーキャンパス

新宿駅西口シティーキャンパス

崎山潤一郎






前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制