東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア通信制シティーキャンパス 原宿表参道シティーキャンパスブログ > なんのために通信制高校に入学するか、という根本的な問いを考える(後)

首都圏エリア

通信制シティーキャンパス 原宿表参道シティーキャンパス(東京

シティーキャンパスは都心部に4校。(原宿表参道・渋谷駅東口・新宿駅西口・池袋サンシャイン)

2020.06.15 入学相談

なんのために通信制高校に入学するか、という根本的な問いを考える(後)

                ※原宿表参道シティーキャンパスR4教室から原宿駅方面をのぞむ






「通信制高校は誰でも入れる」


などと思う人がいるかもしれません。


実際、そういう通信制も多いと思います。


鹿島学園は、毎年定員をオーバーして募集を中止しますので、


誰でも、というわけにはいきません。


入りたい人はいくらでもいるのです。







シティーキャンパスでは、2つの合格基準があります。


1つ目は、「活動することがある」
なんのために通信制高校に入学するか、という根本的な問いを考える(前)



そして2つ目は、「ムダな勉強をする」です。


ムダな勉強とは、シティーキャンパスの定義で、


「点を取るための勉強ではない」


「世間体や、他人の評価を得るための勉強でもない」


「ただただ、自分がやるべき勉強のこと」


をいいます。


こういった勉強を、シティーキャンパスでは


「ムダな勉強」と称し、重視しています。





おわかりと思いますが、ムダな勉強とは悪口ではありません。


将来、なにかの役に立つか、などと考えなくていい。


人がどう評価するか、などとも考えなくていい。


導かれるようにやる勉強のことをいいます。


やる理由などなくてもいいのです。


小さな子どもが、車や鉄道や恐竜や星座に惹(ひ)かれて覚えるように、


ただただ、導かれるように学ぶことをいいます。


これは、実のところムダな勉強どころか、人にとってもっとも大切な勉強といえます。






ムダな勉強などせず、


試験問題対策の勉強だけで、


ただ点をとるための勉強しかしない勉強では賢者にはなれません。


試験の点がとれるだけの大馬鹿者たちを量産するだけです。


資格をとるためだけの勉強も同じです。


学生が、プロが、専門家が、それぞれの分野を勉強するのは当たりまえです。


高校生が高校の単位をとるために勉強するのも当たり前です。


当たり前に点をとることだけで人が成長するわけではありません。


当たり前の勉強にはカリキュラムというものがあります。


その順番通りにやれば、もれなく点がとれますよ、というものです。


クイズ形式の勉強をして物知りになったところで、Googleには勝てません。


当たり前ではないことを一生懸命にやって、


初めて人に個性が生じます。








個性を求めない通信制高校生が、


通信制高校に意義を見出すことは難しいでしょう。


通信制高校生は、ムダな勉強をしなければならない。


これがシティーキャンパスの入学条件の2つ目なのです。



活動することがあること、


ムダな勉強をすること、


この2つがあれば、シティーキャンパスの入学条件を満たします。


そんな将来性のある入学希望者を、心からお待ちしています。















2020年6月15日(月)

鹿島学園高等学校・鹿島山北高等学校連携施設

原宿表参道シティーキャンパス

渋谷駅東口シティーキャンパス

新宿駅西口シティーキャンパス

池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制