東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア原宿表参道シティーキャンパスブログ > 都立の後期で落ちて通信制にするなら

首都圏エリア

原宿表参道シティーキャンパス(東京

シティーキャンパスは都心部に4校。(原宿表参道・渋谷駅東口・新宿駅西口・池袋サンシャイン)

2019.03.15 原宿表参道ストレイトニュース

都立の後期で落ちて通信制にするなら




本日、都立高校後期試験の発表がありました。

落ちたから通信制高校へ、という選択をするなら、

ご提案があります。







都立高校は、毎日学校に通って単位をとりますが、

通信制は違います。

通学しなくてはならない日数は年に10数日です。

通学しなくていい日に、なにをして過ごすか、

気持ちを切り替えて、今しっかり考えておく必要があります。





落ちたばかりでまだ何も考えられないかもしれません。

しかし、3月31日に中学生でなくなり、

4月1日にどのような高校生活をスタートさせるか、

これは重要なテーマでしょう。





どうしても前向きになれない状況でしたら、

アルバイトと高校を両立させる生活を想像してみませんか。

全日制高校生に真似ができないことの代表的なものは、

芸能活動やプロ選手を目指すことはもちろん、

アルバイトで社会経験を重ねることです。





週3回、夕方から5時間、

などという全日制高校生でもやれるような働き方では充分とはいえないでしょう。

家の近所のコンビニで、

などという選び方も、物足りない気がします。








都心には多くの魅力があります。

ファッション、クリエイティブ、エンターテインメント、

ローカル(地方)にはない、グローバル(世界規模)に人を魅了する世界があります。

通信制をうまく生かせば、価値ある経験を積み重ねることができるのです。







全日制高校を受けず、2月に通信制の手続きを終わらせている同級生の中には、

4月からのアルバイトの応募を開始している人たちもいます。

表参道のカフェ、裏原宿のアパレル、青山の美容サロン、渋谷のアミューズメント、

都心部では外国人のお客さんも多く、国際感覚を実体験にすることができます。






高校に落ちた敗北感を、次のチャレンジエネルギーに変えて、

自信と誇りのある両立の高校生活ができれば大逆転です。







充実した両立の高校生活の提案を受けたい、とお考えの方は、

シティーキャンパスをご検討ください。

やってみたいアルバイトがあれば、

教員が問合せをしてくれます。






落ちたから仕方なく通信制高校、という方の入学は、シティーキャンパスではお断り。

落ちたけど、気持ちを切り替えて時間を有効に使いたい、

という未来志向の方のお越しを楽しみにお待ちしております。

がんばれ受験生。






















2019年3月15日(金)

鹿島学園高等学校・鹿島山北高等学校連携施設

原宿表参道シティーキャンパス

渋谷駅東口シティーキャンパス

新宿駅西口シティーキャンパス

池袋サンシャインキャンパス

崎山潤一郎

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制
その他