東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア足立学習センターお知らせ > 【型紙あり】びよーんと伸びる立体マスクのレシピ

首都圏エリア

足立学習センター(東京

西新井アリオから徒歩2分!足立学習センターです!! (•'-'•)و✧

2020.04.14

【型紙あり】びよーんと伸びる立体マスクのレシピ

2月頃から布マスクを作りはじめ、気付けば100枚以上を
生産するミニ・マスク工場と化していた足立学習センターです('◇')ゞ


作ったマスクは卒業生・在校生の皆さんをはじめ多くの方に
もらっていただけて、とても嬉しかったです。


そんな折、ついに心配していた問題が…!

材料がない…(/ω\)

布マスクの材料にしていた生地やマスク用ゴム
の残りが、わずかになりました。
数年前に購入した時は当然ながらお店で山のように
売っていた材料も、このような状況下では全然
見かけないほど珍しい品物になりました。


さて、どうしよう…(゜-゜)


そこで、足立学習センターオリジナル、
カエルのように「びよーんと伸びる立体マスク」、
略して「びよーんマスク」を開発してみました!!


特徴は、作り方めっちゃ簡単(ミシンで5秒、手縫い1分で完成)&
材料は手に入りやすい物(Tシャツ・トレーナー・スウェットでOK)

…となっております。


たぶんプロのパタンナーさんから見たら
笑ってしまうくらいお粗末な型紙ですが、
頑張って作ってみたので良かったら利用してくださいね。


家庭基礎or家庭総合の勉強に、
ぜひお家でトライしてみませんかー!?( *´艸`)



では説明、はじめます!



【準備するもの】
もう着ないTシャツ・トレーナー・スウェットなど、
(ここで重要なのは素材に”ポリウレタン”が含まれていること)
ハサミ、糸、型紙




①下の写真から型紙を作る(本当はPDFにしたかったのですが、方法が分からず;;)
右上のメモリを基準に同じ大きさに拡大して、別の紙に印刷したり写し取ってください。
私はお菓子の空き箱など、厚紙をリサイクルして型紙を作成しています。




②びよーんと伸びる秘密は”ポリウレタン”にあります。タグを確認し、
素材に”ポリウレタン”が含まれている布を探しましょう!
人にあげるには「うーん…」かもしれませんが、
自分用だったらもう着ないTシャツなどで作っちゃいましょう(∩´∀`)∩
型紙を布にあて、1枚切ります。そして型紙を裏返し、もう1枚布を切ります。
(裏返しにしないと、左右対称にならないからです)

③切った布を中表(なかおもて:内側に表面がくるように重ねること)にして、
写真の通り生地から5mm程度の位置をまっすぐ縫います。
ミシンなら5秒!手縫いでも1分ほどでなみ縫いできます!

④はい、完成ー!!\(^o^)/




(あれ?カエル先生の顔が見えない…?)





切りっぱなしの布が、逆にダメージジーンズっぽくて格好良くないですか?
遠くから見ると市販のPITTA(ピッタ)マスクっぽい…?
買えなくても、作ることはできる(`・ω・´)!!

ちなみに見た目をしっかり整えたければ、型紙から縫い代をとって
二重にした上で縫い目を隠してください。
ちょっと大変ですが、試してみるのも良いと思います♪

Let's Try!(^^)!




「ここに来て良かった」と思える高校生活を、
一緒に作っていきませんか?



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


足立学習センター


☎03-6479-2683


【住所】〒123-0843 東京都足立区西新井栄町2-22-6

【メール】kashima.yamakita.adachi@gmail.com

【ホームページ】https://www.kg-school.net/yamakita/campus/adachi_kyg/

【ブログ】https://ameblo.jp/kashima-yamakita-adachi/

【LINE】

QRコードを読み込んで、文章を送信してください。

03-6479-2683で電話番号検索も可能です(੭ ᐕ))♪






前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

在校生・卒業生の声もっと見る

元気が出る学習センター・ブログもっと見る

首都圏エリア
北海道エリア
東北エリア
東海エリア
北陸エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
四国エリア
九州エリア
沖縄エリア