東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > その通信制高校を選ばなかった理由

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2022.11.14 不登校からの立ち直り

その通信制高校を選ばなかった理由

皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会理事長の竹村です。

こんかいはいっぺこっぺ通信さんの動画のご紹介を致します。

https://www.youtube.com/watch?v=PglV-CCbqwk

当会も、通信制高校サポート校を運営しておりますがNPO法人として運営しているため特定の通信制高校に拘らずどちらの通信制高校を所属しても大丈夫です。

過去の生徒は、

N高等学校、S高等学校、鹿島学園高等学校、さくら国際高等学校、八洲学園高等学校、都立通信制高校など

私立公立問わず様々な通信制高校へ所属しております。

コロナ禍でタブレット使用でのレポート提出が当たり前になり、専用のサポート校でなくとも支援がしやすくなってきました。

話は戻りますが、

通信制高校を検討中の方からの御相談だと、学費について、登校ペースについて、男女比(女子生徒の場合)をよく聞かれます。

この辺をしっかり答えてくれない通信制高校は怪しいと感じてしまいますよね。

ぜひ動画で確認してみてください。共感する方がおおいんじゃないんんでしょうか。

通信制高校の選び方



選ばないのは動画を見ていただければと思いますが・・・。

ではどうやって選んだらいいのか?ということですが、本人に合った学校です。

見極め方としては、

・実際に見学に本人が行く

・通えそう(空気感が合う)

・楽しめそう(居場所となる)

この3点です。通信制高校といえど登校したほうが卒業しやすいです。

登校しやすい環境を選びましょう!

相談する

不登校・引きこもりについてはもちろん、中退・留年・転学・編入・学業不振・非行・発達障害など様々なお悩みの方からのご相談をいただいています。予約フォームの入力をしていただくと面談のご予約ができます。

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習等支援施設からのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制