東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習等支援施設

ホーム学習等支援施設首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > 通信制高校のネット学習コースで困っています。

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2022.11.29 不登校からの立ち直り

通信制高校のネット学習コースで困っています。

皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会理事長の竹村です。

本日は、御相談で多い通信制高校のネット学習コースのメリットデメリットについてです。

高校1年生は全日制高校で単位を取得。2年時の進級タイミングで通信制高校へ転学。

起立性調節障害で朝が起きられなくなり、思い切って転学。

もともと私立全日制の進学校に通っていたため勉強はできる。

5月には、1年分のレポートはほとんど終わり、家でやることがないため大学受験勉強をしているとのこと。

しかし、ネット学習コースでは家から出る機会がほとんどなく同年代と話すことはなくなりました。大学に行きたいとなんとなく思ってはいるが

特にこれといってやりたいことがあるわけではないです。

しかし、現在の学校の通学コースでは何も得られなさそうで相談にきました。との相談。

ネット学習コースのメリットは、時間が自由に使えます。また自宅でスクーリング、テスト、特別活動以外は解決できるので移動もしなくて済みます。

高校側も支援の手間がかからないため学費も安い学校が多いです。

ネット学習コースのデメリットは、人と触れ合う機会が減ること(家からでない)

自己管理が求められる(サポートが受けられない)

デメリットの点は、アルバイトやボランティア活動するなどで解消できたり、塾や予備校などでスケジュール管理が代用できます。

しかし、通信制高校の卒業率や大学進学率をみると難しいことがわかります。子どものうちにこのデメリットを自分で改善できる子はなかなかいないのです。

失敗が許されるのは高校生まで


そうはいっても本人が納得しないと動けないことがほとんど。

好きなようにさせて失敗させましょう。高校生のうちはいくらでもやり直せます!

大学生でもなんとかなりますが中高よりも大変です・・・!

相談する

不登校・引きこもりについてはもちろん、中退・留年・転学・編入・学業不振・非行・発達障害など様々なお悩みの方からのご相談をいただいています。予約フォームの入力をしていただくと面談のご予約ができます。

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習等支援施設からのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制