東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > 保護者会講演会~不登校から奇跡の復活劇を遂げたKくん~

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2021.10.13 不登校からの立ち直り

保護者会講演会~不登校から奇跡の復活劇を遂げたKくん~

保護者会ご紹介


皆さんこんにちは!NPO法人高卒支援会の竹村です。昨日は、保護者会ご参加ありがとうございました。

オフラインの現地で保護者7名、スタッフ4名の11名(会場のキャパシティは30名で緊急事態宣言下では15名)

オンラインは、保護者4名、外部の方が3名、スタッフ3名で合計21名にご参加いただきました。

まずはじめに、当会のミッションの唱和

そして各々自己紹介とgood&newsといって一週間で良かった出来事とを共有してもらうアイスブレイクからスタートします。



その後、先月の課外活動紹介、来月の課外活動紹介、通信制高校の単位についてなどのお知らせ、各時期によってのお知らせをします。

毎月毎月実施していますので子どもだけでなく保護者とのコミュニケーションも重視しております。

そして、月によって変わりますが今回は当会生徒兼高校生インターンのKくんによる講演会をしてもらいました。

生徒にしてもらうのは、生徒自身の自己肯定感の向上につながるからです。もちろん、保護者への情報共有をし還元する狙いもあります。



不登校から奇跡の復活劇を遂げたKくん
主人公
現在高校1年生のK君は、中学3年生のときにご相談にきました。

現在は、動画編集を請け負う合同会社attractを立ち上げて代表社員に

また、生徒としては5代目生徒会長(NARUTOでいうと綱手姫ですね笑)をし、部活動でeスポーツカップにエントリーしています。



引きこもりになった経緯


中学校は私立進学校へ。特進クラスに所属しましたが勉強についていけず少しずつ不登校に。

中学2年生では、完全にいかなくなり引きこもりにへとなっていきました。





引きこもり時のスケジュール


当時、SNSで知り合った大学生と一緒にゲームをしていたらしく、仲間の時間帯に合わせると夜はずっとゲーム。朝食を食べて8時に就寝して、17時に起床という昼夜逆転生活をしていた

そうです。



根本先生との出会い


当会に相談にきたのは中学2年生の冬です。

最初は、スタッフの大倉が訪問して布団をかぶって顔もみれない川上くんに1時間話しかけ続けたそうです。大倉の経験上の勘でスタッフの根本と相性が良いのではないかと感じたらしく

2回目からの訪問は根本へとバトンタッチします。

布団をかぶってイヤホンをしていたそうですが、こっそり音量を下げて根本の会話に聞き耳を立ててたそうです。不登校児、引きこもり児の大半が本当はコミュニケーションを取りたいのです。



救世主 坂田


当会の生徒兼高校生インターンの坂田くんが自身も引きこもりの経験があって先輩に救ってもらった経験があります。

今度は、彼が後輩を救う番だと積極的にKくんへアウトリーチ支援をしてくれました。当会オリジナルのピアサポートになります。







家から出るまで


スタッフ根本と、高校生インターンの坂田とで訪問を繰り返し、7ヶ月後に少しずつ外にでられるようになりました。

大好きだったマクドナルドのハンバーガーや、家事、マラソンなどKくんに合わせたスタイルできっかけを与えていきます。

もともと勉強はできるこだったので、個別授業もこちらが支援し、教室でもできるようになりました。









竹村との出会い


人が多いと怖くていけない子が多いので、放課後の誰もいない時間帯を見計らって登校の練習をしました。

私はそこで待ち伏せし、挨拶をしてコミュニケーションをスタートしました。

彼が好きなeスポーツや、マクドナルドの商品をきっかけに少しずつ仲良くなります。





イベント(課外活動)をきっかけに挫折


復活の兆しが見えていたのですが、課外活動中に孤独感を感じてまた家から出られなくなってしまいます。

外に出られたからといってすぐに復活するわけでは有りません。極端なことをいうと、卒業まで安心できません。





同級生の友人ができる


挫折をしてしまい、また通えなくなってしまったので同じ中学生であるケーーーータと龍帝と仲良く慣れるように間に入りました。

趣味が合う3人なのですぐに仲良くなりイベントでも孤独感が減りそうということでまた通えるようになりました。

友人の存在って大切ですよね。



軌道にのったKくん


そこからはイベントに参加をし、勉強もして発表もしてeスポーツで取材を受け、動画編集の評価がよく起業までこぎ着けました。

高校1年生の9月の段階では順風満帆で軌道に乗り出しているKくんです。









将来の目標


当会では、キャリアコンサルタントとして早め早めの進路目標を設定します。

K君は、現役で国立大学を目指しながらeスポーツとアウトリーチ支援をして自分がしてもらったように後輩への支援をしたいと言ってくれています。

今はそれに向けて全力でサポートをしています。







いかがだったでしょうか?

まだK君も途上の段階ですが、当会を信じて預けてくれことによりここまで復活することができました。

ご家庭だけで解決するのが難しいことは多々あります。お気軽にですね、ご相談いただければとおもいます。

また、保護者会は外部の方もご参加可能です!来月お待ちしております!

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制