東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア水道橋連携キャンパスブログ > いじめが起きてしまう原理

首都圏エリア

KG高等学院 水道橋連携キャンパス(東京

新宿エルタワーキャンパス姉妹校

2021.05.14 不登校からの立ち直り

いじめが起きてしまう原理

学校に行けなくなってしまう原因は様々です。

今回はいじめが起きてしまい学校にいけなくなってしまうことについて書きます。





では、みなさんどうやったらいじめが起きてしまうのかご存知ですか?

私もそう問われたとき頭に思い浮かべたのが、態度が気に食わないとか、顔が嫌いとか、SNSで調子乗っているとかなんかほんわかした表現しか思いつきませんでした。


前のブログでも載せましたが、youtubeでメンタリストDaigoさんによると

クラスの平均性格から乖離している子がターゲットになる。
んー。たしかに。

具体例でいうとやんちゃな子が多いクラスに暗い子がいれば会話が合わなくてターゲットにされる。逆パターンもあり、アニメとか漫画が好きな子が多いクラスにヤンキーがいると浮いてしまう。

これが、クラスの平均値から乖離しているということであるそうだ。

いじめが起きると不登校になってしまう可能性が非常に高く、そのクラス(学校)で解決するのは難しい。

だからといって、いじめが起きたから不登校で良くて学校には通わないというのは間違いです。

この意見は極論で、

交通事故がおきるから車や自転車に乗らない方がいいと同じことをいっている。


では、どうしたいのか?杉浦の前書である

『 高 校 中 退 』
という本で環境を変えてあげることが大切だと述べています。





自分の性格、相性などが合う居場所というのは必ずあります。

環境を変えて楽しく登校できる学校や、フリースクール、塾などの居場所を探してみてはいかがでしょうか。

高校生以上であれば通信制高校もあります。その学校に拘らず探してみてください!





前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制