東京・大阪・名古屋・福岡・神奈川など全国から入学できる通信制高校なら

学習センター

ホーム学習センター首都圏エリア通信制シティーキャンパス 池袋サンシャインキャンパスお知らせ > 全日制高校に入学したものの「ここは違うな」と直感した場合はたいてい正しい

首都圏エリア

通信制シティーキャンパス 池袋サンシャインキャンパス(東京

鹿島学園の最初の学習センター/since 2004

2021.04.11

全日制高校に入学したものの「ここは違うな」と直感した場合はたいてい正しい

シティーキャンパスといいます。

池袋駅東口と原宿表参道にキャンパスがあります。




シティーキャンパスは

「アルバイトなど働きながら勉強する」

「芸能活動に専念する」

など、学校以外の場で、

学校の勉強以外のことで自分を伸ばしたいと考える人をサポートする、

ちょっと変わった通信制のキャンパスです。




4月20日までに鹿島学園に出願すれば、4月入学と同じ30単位がとれます。

5月25日までの出願でも25単位とれます。

転学の機会は年間通して、毎月あります。

いつでもいいなら、早い方が得です。

遅くなるたびに単位数が減るからです。




入学した高校との間に何らかミスマッチがある場合、

生徒の方が一方的に妥協する以外に解決策はありません。

学校に反省させて変えさせることは生徒にはできないからです。

裁判してでも学校を変えたいくらいの気持ちがあれば、

それはそれで面白い高校生活になりそうですが、

時間とお金と精力を総動員したわりには見返りはありません。

自己満足だけで終わる可能性の方が高いかもしれません。

そもそも、入試を受けて入学した生徒に問題などあるはずもなく、

「個性尊重」などと謳(うた)いながら、

実体は「全員同じ」が一番問題なしと考える高校に問題の要因が隠れています。

しかしながら、入学してすぐ学校を辞めたいなどと言えば、

我慢が足りぬ、とか言われかねませんが、

義務教育を修了した後の自分の人生、

誰も代わってくれるわけではないし、

他校への転学が良かったか悪かったかは、

自分で責任を負うしかないのです。







転入学を検討する方は、速やかに転学準備を進めてゆくことをお奨めします。

同年の友達と全く同じ2024年3月に卒業が可能です。

通信で自由な高校生活と自由な日常を取り戻すことで、

未来に希望が生まれることはよくあります。




シティーキャンパスは高校生の個性を日本で最も尊重するキャンパスです。

これまで多くの芸能人、働きながら勉強する高校生らを送り出してきました。

前年度も全員が3年間で卒業しています。

通信を選んでくれる高校生の個性的な強みが生かされるよう、全力でサポートします。

お問合せは、メールまたはお電話で回答します。

5月入学の出願必着まであと9日。

早めにご相談ください。

義務教育は修了したのだから、自分で人生を切り開きたいという真っ当な転入学生を心よりお待ちしています。






2021年4月11日(日)

鹿島学園・鹿島山北高等学校連携施設
池袋サンシャインキャンパス
090-27641200:入学担当・崎山
03-6914-2057:代表電話
info@tuushinsei.com

前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

在校生・卒業生の声もっと見る

元気が出る学習センター・ブログもっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
留学・帰国子女キャンパス
広域エリア
ネット指導制