人ことカシマ

ホーム > 人ことカシマ
2018.05.13

通信制は、全日制よりも自分の時間を多く持つことができます
山下達郎(鹿島学園高等学校 通信制 本部)

【人ことカシマ】

ともに歩む教職員からのホットメッセージ

自分の時間を

有効に活用して、

生きていく力を蓄えてください


これから社会人になっていく過程で、

高校生の3年間は、とても大切な時期です。


通信制課程は、全日制課程よりも

自分の時間を多く持つことができますので、

その時間を有効に活用してください。


例えば、進学する方は、

より良い進学先に合格するための勉強。

就職する方は、関連資格や技術の習得。

ボランティアへの参加や旅行、

アルバイトなどを通して、

貴重な体験をすることもできます。


自分の時間が多いということは、

自分で決めて自分で行動することが

多くなるということです。


何もしない日々をすごしてしまうと、

大切な3年間を

あっという間に消費してしまいます。


社会人になれば、

それまでに身につけた知識や経験、

資格や技術を使って

生きていくことになります。


高校生の3年間で、

生きていく力を蓄えることが必要です。


私達は皆さんの

代わりになることはできませんが、

全力でサポートします。


相談したいことがあれば、

所属するキャンパスの先生に

気軽に声をかけてください。


鹿島学園高等学校 通信制 本部

山下達郎


スイスイ高卒資格、イキイキ未来発見。

カシマの通信は、

自分流の学び方を選べる通信制高校です。

●キャンパスを選ぶ!

●学習スタイルを選ぶ!

●オプションコースを選ぶ!

前へ戻る