学習センター

ホーム学習センター一覧鹿島学園高等学校の学習センター首都圏エリア池袋サンシャインキャンパス > ブログ

首都圏エリア

池袋サンシャインキャンパス(東京

鹿島学園の最初の学習センター/since 2004

2018.02.12 通信制高校への転入学

Q. 働きながら勉強する人が対象と聞きましたが、働かないと入学できませんか?





お電話でお問合せいただき、ありがとうございます。

4つのシティーキャンパスについてよく調べていただいたことを感謝します。



確かに、シティーキャンパスは働きながら勉強をする人は対象です。

通信制は通学が少ないことが最大の長所。

芸能活動する人、アルバイトをかけもちする人、

地方から上京して本気で夢を追いかける人、

そういう人にとって通信制高校は最適です。




逆にいえば、家でゴロゴロ、外でブラブラ遊んで過ごしてしまう人には最悪な制度です。

人をダメにしてしまいかねません。

目的を持とうとも思わない人には全日制高校か他のキャンパスをお奨めします。




実際のところ、働きながら勉強する人でなくても構いません。

独学で大学に行きたい人、

海外留学したい人、

プロの選手を目指す人、

アーティストを志す人、

創作に没頭したい人、などなど、

全日制高校生にはマネのできない活動ができるか、

通信制の高校生として尊敬に値するストーリーになりうるか、

そこが重要な基準だと考えています。






働きながらとはいっても、

1日4時間程度のアルバイトをするだけなら全日制高校生でもやっています。

それでは通信制を生かしたことにはなりません。

毎日4時間のアルバイトをしたうえで、

家事全般をし、創作活動に没頭したいと考えるような人は合格基準クリアです。

通信制高校の自由さを生かして計画するなら、

どなたでも合格することができます。




不合格になる理由は、


・何もしたくない、といった無気力。
・対話の拒否。
・言語力不足による対話不能。
・すべて親任せ、といった自主性の欠落。


といったところでしょうか。

そういう人は、そういう人たちが集まる溜まり場のようなキャンパスが居心地がいいのではないでしょうか。





未来をみて生きようとする人と、

未来をみないように生きる人とでは、

価値観があまりにも違いすぎて、相性が悪いのです。

どちらにとってもマイナスになってしまいます。

目的なく通信制を選ぼうとする人は、4つのシティーキャンパスだと不合格になる可能性があるのは事実です。




全日制高校を離れ、

自分の生き方を貫きたいと思う人なら、

通学日数が多い学校など無意味でしょう。





世の中の多くの人が考える高校生像から離れ、

自分の生き方を優先したい人のための4つのシティーキャンパス、

高卒資格など、ついでにとる、くらいの気持ちの人に

選んでいただきたいキャンパスです。












(電話申込)

携帯電話 090-2764-1200

固定電話 03-6914-2057

メール info@tuushinsei.com




2018年2月12日(月)

鹿島学園・鹿島山北高等学校連携施設

池袋サンシャインキャンパス

原宿表参道シティーキャンパス

渋谷駅東口シティーキャンパス

新宿駅西口シティーキャンパス

崎山潤一郎


前へ戻る

  • 入学相談予約
  • オンライン入学相談
  • 資料請求

学習センターからのお知らせもっと見る

在校生・卒業生の声もっと見る

首都圏エリア
東北エリア
東海エリア
甲信越エリア
近畿エリア
中国エリア
九州エリア
広域エリア
ネット指導制
その他